下関商工会議所について
概要・組織
事業報告
事業計画
入会案内
貸会場
交通アクセス
関係リンク集
お問い合わせ
個人情報保護方針

下関商工会議所

TEL:083-222-3333

FAX:083-222-4094

山口県下関市南部町21-19

事務受付時間 : 平日(月曜~金曜) 8:30~17:30

下関商工会議所について

貸会場


下関市商工業振興センター 貸会場

会社の会議や打ち合わせ等にご利用下さい。


申込手順

①お電話にて会場の空き状況をご確認の上、予約して下さい。なお、お電話の際に使用する目的もお伝え下さい。

②下関市商工業振興センター使用許可申請書にご記入の上、施設使用料を添えて、商工会議所窓口にてお申し込み下さい。


使用許可申請書のダウンロードは 《こちら》

使用許可申請書記入例は 《こちら》


申込みされる前にご確認下さい!

・使用する内容は市内の商工業の振興を図るものに限ります。レクリエーションや文化教室等の教室利用はできません

・お電話での予約後は、使用の約1週間前までに商工会議所(指定管理者)へ来所の上、使用許可申請書を提出し利用料金をお支払いください。

予約だけでは会場はお貸しできません。使用許可書が発行されて申請が完了します。

・料金納付後の払戻しはできませんので、ご注意下さい。

・同じ内容で連続4日以上の利用はできません。

・予約は翌月以降3ヶ月まで可能です。

(例)4月に予約できるのは、7月31日までです。

11月の予約をしたい場合は、8月1日から予約可能です。

・1番大きな会場は、研修室(1)と研修室(2)をひとつにした大ホールです。
収容人数は140名、スクール形式です。使用料は研修室(1)と研修室(2)の料金を合算した金額になります。


休館日

センターの休館日は次のとおりです。

①国民の祝日に関する法律に規定する休日

②1月2日及び同月3日並びに12月29日から同月31日まで

③土曜日及び日曜日


予約確認・申込先

下関商工会議所総務課電 話083-222-3333
  FAX083-222-4094


料金表

【センター使用料表】

室名╲使用区分午 前午 後夜 間昼 間午後及び夜間全 日
午前9時から
正午まで
午後1時から
午後5時まで
午後6時から
午後10時まで
午前9時から
午後5時まで
午後1時から
午後10時まで
午前9時から
午後10時まで
研修室
(1)
室使用料1,4601,8802,2003,1303,9805,030
冷暖房使用料1,1101,4701,4702,9403,3104,780

研修室
(2)

室使用料2,0802,7203,0304,6005,5507,230
冷暖房使用料1,5802,1002,1004,2004,7306,840

研修室
(3)

室使用料8301,1501,2501,9802,2002,820
冷暖房使用料5407207201,4401,6202,340

会議室

室使用料1,5602,2002,4003,6604,5005,650
冷暖房使用料1,2401,6601,6603,3203,7305,390

(単位:円)

備考
1 物品を販売する場合の室使用料は、この表に掲げる室使用料の2倍の額になります。
2 附属設備を使用する場合は、規則で定める使用料をいただきます。


【附属設備使用料表】

名称単位使用料(円)付属品
据付音響設備1式/回2,080ワイヤレスマイク、アンプ
ホワイトボート1台/回510
プロジェクター1台/回3,080スクリーン
持参電気器具定格表示電力の合計量
1kwにつき1回あたり
120 


備考

1 この使用を算定する際の回数は、午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)及び夜間(午後6時から午後10時まで)の区分ごとに、それぞれ1回として計算します。

2 持参電気器具の定格表示電力の合計量が1キロワット未満のとき、又は合計量に1キロワット未満の量があるときは、当該1キロワット未満の量を1キロワットとして計算します。


会場レイアウト図


施設使用規定

商工業振興センター使用について


使用にあたっては、次のことに注意して下さい。


◆使用目的

商工業の振興を図ることを目的とした内容であること。


◆使用時間

申請時間を厳守すること。


◆開始と終了の連絡

使用開始前と終了後には、2階の総務課へ連絡すること。


◆飲食

飲食は禁止。
但し(事前の連絡があった場合に限り)、9時~17時までの研修など、お昼を挟む場合に限り食事は許可します。
その場合、お弁当や飲物のごみは持ち帰り、汚さないこと。


◆施設及び附属設備

机や椅子などを移動された場合、必ず原状に復して速やかに返還すること。
マイクを使用する場合、主電源や音響設備を触らないこと。
附属設備を使用した場合、研修室内の元の位置に戻すこと。
施設内の物や附属設備を破損した場合は必ず2階の総務課へ報告すること。


◆照明及び冷暖房

使用終了後は照明と冷暖房のスイッチを切って退室すること。


◆夜間の使用

商工業の振興を図ることを目的とした内容であり、且つ、夜間だけしか都合がつかない会議等に限る。


◆その他

暴力団等反社会的勢力による利用はお断りします。
(予約後または利用中にその事実が判明した場合には、その時点で利用をお断りします。)

指定管理者

↑トップへ